撮影シーンが豊富なクリエイティブ・アートオフィス

NEW SPACE

四谷に位置するクリエイティブ・アートオフィス「A YOTSUYA」。ニューヨークのブルックリンを再現したオフィス空間には10名のアーティストによる26壁面のミューラルアートが施されている。施設内には英国の家屋を取り壊した際に出た本物の煉瓦が使用されており、レザーや木製の家具を用いたアンティーク調のインテリアから、スチール製やガラス製のインテリアを用いたインダストリアルな雰囲気などフロアごとに異なる顔をもつ。多様な撮影シーンからカット数も充実、都内にいながら海外をイメージした撮影が叶うロケーション。


創造性を掻き立てるアートオフィス

A YOTSUYAは26壁面のミューラルアートと22部屋の執務スペースがあり、各階中央にラウンジスペースを設けることで、ギャラリーのような設計がなされているクリエイティブ・アートオフィス。これまでの日本のオフィス賃貸市場では、駅からの距離やビルの築年数、エリア自体の価値などが大きく影響していましたが、本施設では「アート」という新たな要素をオフィスに掛け合わせることによって、付加価値を高めています。米国シリコンバレーに目を向けると、アートとイノベーションの親和性に関する理解が高く、オフィス内にアートを描く企業が多数存在します。アートの持つ「自由さ」「個性」「エネルギー」「色彩」などが自由な発想や創造性につながり、イノベーションや世界的なプロダクトの開発につながっています。本施設のデザインではニューヨークのブルックリンを再現。また、英国の家屋を取り壊した際に出た本物の煉瓦を使用、空間全体にエイジング塗装が細部にまで施されているなどこだわりが詰まっており、完成後の建物の良さを残しつつ、テーマパークのような世界観に浸れる空間が広がります。

雰囲気の異なるフロアデザイン

本施設は5つのフロアで構成されており、フロアごとにブルックリンの地名や観光スポットに因んだアートや内装デザインなどモチーフが施されています。10名のアーティストによって装飾された壁面は大胆かつ迫力のある空間を演出。アートには、施設のテーマとなっているNYの街並みや、どこかのきらめくビル群や明かりを連想させるオブジェをちりばめた街並みの中に生きる、『A girl』がテーマの空間や、植物群が大袈裟に身体性を強調した筆致で描かれたものなど華やかな作風から、スタイリッシュ、ポップなグラフィックまでバラエティに富んだ雰囲気を楽しむことができます。

幅広いシーンとカット数の豊富なインテリア

フローリングとレンガ調に統一されアートを用いたオフィスルームを始め、シンプルなモルタル床にレザー製のソファや木製テーブルなどアンティーク調のラウンジ。スチールチェアやガラス製のハイテーブルなどインダストリアルなテイストのコミュニティスペース、陽当たりのよい開放的な屋上など、感度の高いインテリアが施されている本施設は幅広い撮影シーンに向いたスペースとなります。都心でありながら空の抜ける奥行ある屋上では、ファッション誌など被写体を引きで撮影することも可能。ハイセンスなインテリアで完成された空間、ラウンジでは日用雑貨からインテリア小物などの商品撮影にもおすすめです。またオフィスシーンを始め、リラックス空間のラウンジやアートをバックに対談シーンなどのムービー撮影にも最適です。

A YOTSUYA
あなただけの「ワークスタイル」を実現する、クリエイティブ・アートオフィス
シリコンバレーのGoogleやfacebookのオフィスには、色彩豊かで力強いアートが所々に描かれています。それは、アートの持つ「エネルギー」「自由」「色彩豊かな個性」などが、IT企業が欲する「イノベーション」と親和性が高いからです。しかし、日本でアートを手に入れることは、資金面や契約条件面から簡単なことではありません。成功者だけに許されるアートを、もっと身近なものとしたい、気軽にアートがあるオフィス環境を手に入れて欲しいと思っています。
アートが「クリエイティブ」を齎し、現状を変える「パワー」を与えてくれる。
アートが「固定概念に捉われない自由な発想」を可能にしてくれる。
アートが「企業のロイヤリティ」や「社員のモチベーション」を高めてくれる。
そして、世界を変える「イノベーション」を実現し、企業が成長する。
あなただけの「アート」を手に入れて、自由な「働き方」を実現してください。

HP:https://a.yotsuya-office.jp/
IG:https://www.instagram.com/a_yotsuya/

暫定不動産:03-6438-9706
MAIL:info@zantei-fudosan.com
Instagram:@zantei_fudosan
受付時間 weekday 10:00–18:00 (年末年始を除く)