コロナ禍における社会情勢と不動産

INFORMATION

短期的に遊休地を有効利用する「シェアリングサービス」は多種多様に存在しています。その中で、空き店舗の増加という社会問題に対してそのソリューションを活用しきれていないと考えられます。「暫定不動産」では古い商慣習が残る旧態依然としていた不動産業界へ新しい考え・活用法を提言しております。
そのような枠を超えたサービスを目的とした、本事業の背景とコロナ禍における不動産の在り方についてまとめました。


街を歩けば目に入る多くの「空き店舗」

新型コロナウイルスの感染拡大は社会のシステムや人々の暮らし、経済において大きな影響を及ぼしました。飲食店やアパレルショップなど不採算店舗では退去が余儀なくされており、多くのショップが常に出店を狙い、賑わいをみせていた表参道や原宿、銀座エリアでも今や空き店舗が増加しています。移動制限や、まん延防止等重点措置の適用により人流が減少していることから閉店や退去を決める店舗も後を断たない状況です。不動産における募集賃料の水準が下がっているにも関わらず、空き店舗の増加は悪化の一途をたどる傾向にあります。

開業のハードルを上げるイニシャルコスト

新規で実店舗を開業する際に大きなネックになってくるのが、店舗物件の賃貸契約に必要となる初期費用ではないでしょうか。特に昨今の新型コロナウイルスの影響が強い中では、従来の年単位での賃貸借契約に紐づく保証金や礼金、仲介手数料、内装工事など費用面でのリスクを抑える必要がある事業主は必然的に増加します。先行きの見えにくい状況から慎重な姿勢を見せる企業は多く、大きなイニシャルコストを抱えての実店舗の出店ニーズは大きく減少傾向にあります。

EC市場の活性化とリアルスペースの重要性

不要不急の外出自粛要請以降、自宅での生活時間が増えたことによる「巣ごもり消費」は、EC市場を更に活性化させました。オンラインが主戦場となるD2Cブランドを筆頭に、昨今ではSNSを活用した消費者との直接のコミュニケーションや、実店舗への出店形式ではないポップアップストアの継続的な展開など、リスクを最小限に抑えながらリアルの顧客体験を活用したファン作りが主流になっています。実店舗を構えるリスクを最小限に抑え、テストマーケティングも兼ねて短期販売企画や、PRイベントを継続的になおかつ安価に展開できることが人気の要因となり、リアルな顧客体験を用いて構築するブランドはコロナ禍においても増加しています。

現在の需要に合わせた不動産のサービス

前述の様に、閉店や退去により空き店舗は増加、実店舗の開業はイニシャルコスト面でのハードルが高い為に実店舗という通常の年単位契約型での出店を選ぶ企業は減少傾向にあります。そんな中、コロナ禍において求められている不動産の在り方とは「最小限のコストでリスクを抑え、最大限の効果」を得られる事であると考えられます。実店舗の展開前に販売傾向や需要の事前把握が可能であり、短期的に不動産を有効活用可能な都内一等地のデザイン性の高い物件を多く扱う「暫定不動産」では、これまでの不動産・スペースシェアリングサービスの枠に留まらない、サービスを提供いたします。

また、撮影・イべントスペースの運営実績を生かし、利用当日の立ち合い、現状復帰の確認、短期利用における物件の営業などや管理も含めた包括的な運営受託まで対応が可能です。物件紹介のプラットフォームサイトとしての役割だけに留まらず、 安心して物件の貸し出しができるサポート体制を用意しています。空き物件の活用を検討の際はお気軽に以下の連絡先よりお問合せくださいませ。

暫定不動産:03-6438-9706
MAIL:info@zantei-fudosan.com
Instagram:@zantei_fudosan
受付時間 weekday 10:00–18:00 (年末年始を除く)