線路跡地に建設された街の魅力を引き立てるホテルとは?


小田急線東北沢駅から世田谷代田駅までの線路跡地に誕生した「下北線路街」の一角に佇む。MUSTARD HOTEL SHIMOKITAZAWA。ホテルのゲストだけでなく、地域や下北沢を訪れた多くの人々に向けて開放され、様々な場所で豊かな時間を過ごすことができる。人と人、人と街、街と文化などを繋げ、“街のかくし味”のような場を目指している。ホテルのファサードとなる開放感のあるウッドテラスをはじめ、ホテル館内での共用部や客室など、ホテルの紹介とともに多用途に使用できる魅力をお届けします。


コンセプトは「街のかくし味」

MUSTARD HOTEL SHIMOKITAZAWA(以下、本ホテル)は、大規模な再開発プロジェクトによって小田急線東北沢駅から世田谷代田駅までの線路跡地 全長約1.7kmの区間に生まれた「下北線路街」に誕生。 “街のかくし味”のような存在へ。をコンセプトに掲げ、設備や内装にこだわるだけでなく、人と人、人と街、街と文化など、有機的なリレーションを育む「街を楽しむための場」を目指す。 線路跡地に建設された本ホテルは細長い箱型の低層であり、東北沢駅に程近い閑静な住宅エリアにも圧迫感なく溶け込むデザインとなっている。1階のカフェやロビーに面した広々としたウッドテラスには、ホテルのゲストだけでなく地域や下北沢を訪れた多くの人々に向けて開放され、様々な場所で豊かな時間を過ごすことができる。出張や多拠点居住、旅行など長期でのホテル利用のニーズに即した長期滞在サービスをはじめ、パーソナルな利用目的による30分単位で客室を使用できるサービスなど宿泊する場所から、より身近な暮らしの場所として街に機能する魅力的な施設となっています。

広々としたウッドテラス

一番に目を引くのがホテルのファサードとなる開放感のあるウッドテラス。併設されたSIDE WALK COFFEEとホテルのエントランススペ―スがシームレスな作りになっていることで広々とした空間を生み出します。ウッドテラスは近隣の生活者のお散歩コースとして、また時には子育てママ達の憩いの場として地域の人々が日常的に利用する開かれた場となります。外壁は白く統一され、植栽や空の色とのコントラストも良く、街の雰囲気を大切にした溶け込むデザインとなっている。外壁をバックにしたアパレルのルック撮影をはじめ、植栽やテラスを活用したアウトドアなシーンやコーヒーを片手にテラスでのカフェシーンなど被写体が引き立つ撮影のロケスポットとしてもおすすめです。

多用途な使い方が魅力な客室

ライトグレーを基調とした広々とリラックスできる客室では、時間利用から宿泊、また暮らしの場所としての長期滞在まで、利用者の求める理想的な使い方ができるのが魅力。エントランスではセレクトされた選りすぐりのレコードをレンタルすることができ、各部屋に設置されたプレイヤーを使用し、プライベートの音楽空間に。また、テレワークやレッスンなどパーソナルな活動拠点としても利用ができる。また、廊下や共用部では、背景にカラーを置いたルック撮影をはじめ、客室ではホームプロダクトなどの商品撮影や対談インタビューの取材や撮影、テラスなどを利用したヨガの配信など多用途な撮影に向いた館内となります。

MUSTARD HOTEL
“ユニークで多彩な文化が混在するサブカルチャーの聖地、下北沢に新たなスパイスを”MUSTARD™ HOTEL SHIMOKITAZAWAは、「宿泊する場」だけではなく、「街を楽しむための場」として、人と人、人と街、人と文化の有機的なリレーションを大切に、街のかくし味のような存在を目指します。

HP:https://mustardhotel.com/
IG:https://www.instagram.com/mustardhotel/

暫定不動産:03-6438-9706
MAIL:info@zantei-fudosan.com
Instagram:@zantei_fudosan
受付時間 weekday 10:00–18:00 (年末年始を除く)